新型コロナウイルス:妊産婦さんに関する情報

5月16日取り分け離乳食教室レポ

昨日は取り分け離乳食教室でした。

「取り分け」ということなので、簡単にいうと

離乳食は作らなくていいよ、という教室です。

講師は秦智美さん。横浜・海老名の助産院や小児科で幅広く活動されている先生です。

秦智美さんのHPはこちらからご覧いただけます。

離乳食教室、とっても人気で、たくさんのご参加希望があり!

なるべく皆さんが質問などゆっくりできるように、午前と午後の回に分けて開催しました!

今回は5か月~9か月の赤ちゃん親子がご参加くださいました。

雨の中お越しくださった皆さん、ありがとうございます!

今回も、秦さん節炸裂でした!

まずは、お母さんの食事は普段どんな感じ?というヒアリングから始まります。

次に、赤ちゃんの現在の母乳やミルク、食事の状況について。

なぜ、大人の食事を聞くのかというと、大人の普段の食事がそのまま、赤ちゃんの食事になるからです。

取り分けで離乳食は作らなくてもいい、というものなので

大人の食事が赤ちゃんに食べさせられるものかどうか?という事になってきます。

そして、赤ちゃんに今、食べる準備ができているか?という身体の状況も確認します。

離乳食は何か月になったら始めるもの、ではなく、運動発達も確認しながらあげるもの。

そのためには、日頃から順調な発達がたどれる環境にあるか、というのが重要です。

発達の部分も詳しく、お話してくれました。

午前の回は、ほぼ発達教室でした!

家族の食事として、一生を通して大切な事を、たくさん教えてくれます。

秦さんのコンセプトは

手間をかけずに手を抜かない

汁物に使う基本のお出汁も、これがまた簡単に作れます^^そして、本当に美味しくて優しい味・・・!

基本のお粥も、おじやなどではなく、お米から炊いたものは本当に美味しいものです♪

そしてゆでたお野菜やお粥、お味噌汁を、実食!

離乳食はこれから開始予定だった赤ちゃんも、今日が初めての離乳食になりました!

母乳やミルク以外に初めて口にするもの。皆さんモグモグ、お口を動かしていました^^

月齢も進んで動きが活発になってきている赤ちゃんも、前のめりでパクパク!

赤ちゃん達はこれから食事を通して、成長していく人たち。

なので、ちゃんとモグモグ、お口を動かせるんですよね^^

柔らかすぎるものばかりになってしまうと、その後も丸飲みすることが多くなってしまいます。

生まれてすぐからの、お口の力育てが大事です。

秦さんは、一人一人の発達の様子も見ながら、アドバイスしてくれます^^

今回も、嬉しいご感想を沢山いただきました。

とっても参考になりました。頑張らなくても美味しい離乳食が作れると知りました。アレルギーのこと、発達のこと、思っていた以上に色々な話が聞けて、来て良かったです!また参加したいです!
本を読んでも知らなかった事を沢山知れて良かったです。飲ませて頂いたお味噌汁もお粥も、とっても美味しかったです!
本やネットとは全く違ってビックリしました。お粥作り明日からチャレンジしてみます。
10倍じゃなくても全然食べられることに驚きました!肩の荷がおりた気分です。
早速昆布やかつお節を買って、お味噌汁制作中です!ちょっと離乳食のハードルが下がった感じがします。

すべて載せきれないのですが、沢山嬉しいお声を、ありがとうございます!

「また来たいです!」というお声がいくつかあり、とっても嬉しいです^^

お母さん達も活発にご質問いただいて、悩みや疑問が解決できて良かったです!

秦さんは、今後、7月に助産院でぬか床教室も開催していただくことになりました!

こちらのぬか床教室も、参加したい!というお声をたくさんいただいてるので、また、お知らせしていきますね♪

大人気秦さんの離乳食教室

次回は7月2日(土)10:00~です。

ぜひ、家族で元気になれる離乳食、していきましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました