新型コロナウイルス:妊産婦さんに関する情報

7月2日離乳食教室レポ

今回の離乳食教室は、4ヶ月~もうすぐ1歳のお子さん親子が参加してくださいました。

講師は、横浜や海老名方面で活躍されている秦智美さん。

小児科や助産院などで、離乳食教室、こどもに食べさせたいお料理教室を長年開催されています。

離乳食教室に参加されたママさんは、昨年1年間でも、約120名!

頼りになる、ベテランママ先生です!

秦智美さんのホームページはこちらからご覧いただけます。

離乳食って、ハードルが高いイメージがありますが、実は全然、そんなことないんですよ♪

まずは、赤ちゃんが初めて口にするものを、色々触って、「これはなんだ?」と確認作業しているのを見守って。

慎重な子は、沢山確認作業をするし、すぐに口に入れる子もいます。

ママさんも、「うちの子、やっぱり慎重なんだな!」と感じたり。

他の子の動きもみて、個人差が分かるのも、良いことですよね^^

お出汁も美味しそうに、飲んでくれました♪

もぐもぐタイムでは、今回も、皆さん良くお口を動かしてくれました^^

離乳食は、一般的には5か月頃からといわれるけど。

その月齢を迎えて食べさせようと思っても、思うように食べてくれなかったりしますよね。

時期が来たら始める、というよりは

その赤ちゃんが、食べる準備ができているか?という

成長発達面をみることが大切です。

ここでは、一人一人の成長発達の状態を確認しながら、アドバイスをしてくれます^^

ご参加された皆さんから、また嬉しいご感想をいただきました。

離乳食は色んな食べ物を与えていかないといけないんだって、囚われていたのですが、今回季節の野菜とごはんで良いと聞いて、ぐっとハードルが下がって、日々の大人のごはんを見直そうと思いました。無添加の物を、もっと気にしていきたいなと思います。
とても分かりやすく、離乳食への抵抗感が減りました。ありがとうございました。
対面でお話を聞いて、分かりやすく安心しました!シンプルで良いんだな、とすっきりしました!

そうそう、沢山の食材をあげなきゃ、と教わることも多いようなのですが、そんな必要もないんですよね。

大人の食事も同様で、健康の根本はとてもシンプルなものだと気づかされます^^

大好評な、大人の取り分け離乳食教室、次回は

9月3日(土)10:00~12:00です。

ぜひ、ご参加お待ちしております♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました