新型コロナウイルス:妊産婦さんに関する情報

3年の授乳生活:おっぱいへ感謝の気持ちが生まれました

息子と私のおっぱい生活は、3年でした。

初めはなかなか息が合わなくて、うまく飲めないし、飲ませられない。

毎日必死で過ごして、1ヶ月検診を終えた頃、白斑ができました。

授乳もまだリズムがつかめていない中、おっぱいトラブルに見舞われて、もう絶望的な気持ちでした。

そんな中、私は素敵な助産師さんたちに出会うことができました。そのお一人が朋子さん。

白斑がなかなか治らなくて悩んでいたけれど、朋子さんたちは、毎日頑張っているおっぱいを労ってくれた。

マッサージをしてくれる手はいつも温かくて、息子と私とおっぱいに、たくさん愛を届けてくれました。

途中から、朋子さんが専門的に私たちのケアを担当してくださるようになり、月一回のおっぱいケアの時間が、いつも楽しみになりました。

おっぱいさん、いつもおつかれさま。

頑張ってくれて、ありがとう。

いつしか私の心におっぱいへの感謝の気持ちが生まれたのは、朋子さんのおかげです。

そして、心から感謝をできるようになったとき、白斑は治りました。

それからずっと、私は毎晩寝る前に祈り続けました。

おっぱいさん、いつもありがとう。
明日も頑張ろうね。

明日も息子が、元気に過ごせますように。

三歳の誕生日。

息子はおっぱいとさよならをしました。

すごく自然な終わりを迎えました。

おっぱいは大好きだけど、もう大丈夫だよ。

ちょっとお兄ちゃんになった息子は、もうおっぱいが出なくなっていることを理解して、飲まなくなりました。

最後のおっぱいケア

私は朋子さんと一緒に、心からのおつかれさまをおっぱいに伝えました。

本当によく頑張ってくれたね。

ありがとう。

朋子さんは、いつもと同じように、たくさんの愛を込めながら、おっぱいを労ってくれました。

具合が悪くてしんどかったとき。
喉が乾いたとき。
保育園が始まって、毎日頑張っているとき。
息子が必要なときに、おっぱいはそのときに合わせて、必要な量を出してくれるようになりました。

息子の身体と心を支えてくれました。

授乳という動物としての営みを、ここまで続けることができたことに、続けさせてもらった息子と朋子さんに感謝です。

たくさんの学びを教えてくれて、ありがとう。

最後のおっぱいケアの日。

卒乳のお祝いにいただいたおっぱいの本を、泣きながら読みました。
母子手帳と一緒に、宝物にしようと思います。

もしおっぱいのことを話したくなったら、Lunalunaの扉を叩いてみてください。

素敵な助産師さんが、たくさんの愛を届けてくれます。

赤ちゃんとおっぱいと、そして自分自身のことを、もっと好きになれるかもしれません。

2018/07/26 三浦文江様

コメント

タイトルとURLをコピーしました