新型コロナウイルス:妊産婦さんに関する情報

町田市の依頼で、保護者様向けの性教育講座を、行いました!

先日、町田市の依頼で、保護者様向けの、性教育講座を行いました!

ご参加くださった皆様からは、こんな感想をいただいていますよ^^

「妊婦中でとてもタイムリーな内容で、分かりやすかったです。」

「命を大切、愛情を伝える、、日常できる事を、子どもとの時間を大切に過ごしていきたいと思った」

「子どもの仕草に困っていたが、どうやって対処したら良いかが分かった」

「上の子が性に興味を持ってきたので、とても参考になった」

「コミュニケーションが大切ということが改めて心に残った」

保護者側からは

子どもに、赤ちゃんてどこから来たの?

などと聞かれた時に、ドキっとしたり。どこまで話して良いのか?と迷ったり。

いつの時期から性教育は始めた方が良いのか

子どもが性器を触っていたら、どうしたら良い?

などなど

色々な心配や、疑問に思うことが沢山ありますよね。

講座の前半は、いつも幼稚園や小中学校で、お子さん向けに行なっている命の授業の内容を、ご覧いただきました。

お子さん向けには、

助産師のお仕事について

女の人、男の人が持っている命のもとについて

精子と卵子が出会う確率

赤ちゃんはどんな風にお腹の中で大きくなり、どうやって産まれるのか

お母さんも赤ちゃんもとっても大変な思いをして、出産を迎えること

私たちは選ばれた奇跡の命で、生きているだけで100点満点!

だから、自分を褒めてあげてね。

とお話しています。

講座の後半は、

まず、私たち大人が抱いている性教育のイメージって?

という所から

親子関係を育むことの大切さ

乳児期、幼児期、思春期

性の多様性:LGBTについて

それぞれの時期で行える性教育について、お話させていただきました。

乳児期にできる事は

・たくさんスキンシップしてあげること 

幼児期にできる事は

・プライベートゾーンを教える

・自分でプライベートゾーンを洗える

・プライベートゾーンは他人にむやみに見せない、触らせない所 

学童・思春期にできる事は

・自分の下着を洗う習慣

・夢精や月経の仕組みについて知る などなど 

自分が、出産の現場で感じた事も交えて、お話させていただきました。

 こうやってまとめてみると、性教育は、日常の中で行えるということが分かってきますニコニコ

 だから、身構える必要はありません^^  

性教育という言葉でまとめると

 性=性行為だけではなく、とても幅広い、学問であることが分かってきます。 

 まずは、身体の仕組みを知ること。 

自分の身体がどんな風になっていて、自分がどう感じているか。自分を知ること。 

自分を受け入れて、自分を大切にし、自分らしく生きていけること。 

 性教育は、とても大切な土台になりますね^^  

我が子へ伝えていく時に、伝えていく私たちが、性をどういう風に捉えているか?が、影響していきます。  

なので、自分の経験談からだけでなく他の人のお話を聞いたり、性に関わる事を学びながら、色々な考え方を通して、我が子へ選択肢として伝えられると良いな、と思います。   

これからも、お子さんに突然聞かれたりして、ドキっとする場面は出てくるかと思います。

 こういう時はどうしたら?という事はありますが、 土台として大切な事を知っていたら、コミュニケーションとして対応できますニコニコ 

とても大切な、親子の性教育。 貴重な機会を頂けたことに、心から感謝致します!!     

コメント

タイトルとURLをコピーしました