助産院LunaLuna:母乳外来

母乳外来・妊娠育児相談は助産院LunaLunaへ (平塚・茅ヶ崎・大磯・伊勢原)

11月23日絵本「おっぱいの贈り物」講演会のお知らせ

助産院にも置かせていただいている、絵本「おっぱいの贈り物」

これは、沖縄のカリスマ助産師と呼ばれる小森助産院の小森香織先生・そして絵本セラピストのながもとみちさんにより作られた絵本です。

こちらの絵本、小森先生、ながもとみちさんとの出会いは、昨年4月

横浜NPO法人子育て支援施設 Umiのいえで開催された、おっぱいの卒業に向けてのお話会に参加した時のことでした。

おっぱいが始まる時は色々教えてもらったけど、終わりの時は・・・

いつがやめ時なの?

どういう風に進めたらいいの?

沿い乳以外で寝かしつけをしたい、このおっぱいの生活はいつまで続くのか・・・

おっぱいの卒業については、どうしたらいいか分からずに悩んでいるお母さんはとても多いです。

私も、実際に泣き叫ぶ子どもを横に断乳のケアをしていて自分が悲しくなってきたり、これが正解というものがない中、これでいいのか、気持ちが揺れることがありました。

大先輩の助産師さんなら、どうお伝えしているのか聴かせていただきたくて、たくさんママさん、パパさんがご参加し満席の所無理を言って参加させていただきました。

参加して、今までの卒乳に対する見方が180度変わりました!


子どもは全て分かっている1人のひと。

かわいそうって思わなくていいこと。

お母さんが無理!って思った時がやめ時。

卒業への道のり、、

赤ちゃん目線で、ママ目線で、パパ目線からあたたかくも芯の通った納得できるお話でした。
 
絵本の読み聞かせでは、皆さんポロポロ。私も号泣でした(泣)
 
おっぱいは始まる時も大変だけど、終わる時も大変。
 
でも、終わる時も楽しみに、ワクワクできる内容でした!
 
小森先生は、助産院で来られるママさんに、開業当初から「卒乳」を大事に活動されてきました。
 
小森先生が語るおっぱいの始まりから終わりまで。それがぎゅ~っと詰まった絵本が、「おっぱいの贈り物」なのです。
 
 


絵本ながもとみちさんのスタジオ アコークローから絵本の紹介について抜粋させていただきます。

【絵本の内容】
絵本は、赤ちゃん自身が主人公!
お腹の中の赤ちゃんがおっぱいを楽しみにしていたり、
おっぱいのお山をのぼって、
とうとうおっぱいと出会えたり、
乳腺炎を乗り越え、授乳がスムーズになったり。
クライマックスでは、
「そろそろ卒乳だね」と言われて、
ビックリする赤ちゃん。
「じゃあ、100回飲んでやる」って反発しながらも、
卒乳を機に成長し、幸せな卒乳を迎えます。

シンプルなストーリーの中に、
「赤ちゃんは全部分かっているよ」
「子どもの自立を妨げるお母さんの行動とは?」
「卒乳できたら、いよいよお父さんの出番!」
など、

絵本の中には、おっぱいと卒乳を通じて、
学ぶことのできる助産師の
知恵やスキルがいっぱい詰まっています。


読んでいると、

「そうそう!本当大変だった!!」「聞いてないよ~!って感じだった!」

とうんうん頷けて

卒業する時の寂しさも噛みしめられます^^

卒乳を控えているママさんや、もう卒業されたママさんにも読んでもらうと、みんな色んなことを思い出しながら、ウルウルされていました。


おっぱいをあげるのは、人生の中でほんのひと時です。

女性に与えられたおっぱいを大切に、そして卒業する時も大切に過ごしてもらいたい。そんな思いが詰まった絵本です。

この絵本はクラウドファンディングで作られましたが、達成率はなんと400%!!全国各地から応援が届いて完成されました。

実は、私も応援に参加させていただき、この度絵本出版記念の講演会を開催にするに至ったのです^^


講演会は、沖縄からライブ中継で、絵本付きで開催します!絵本セラピストながもとみちさんによる、おっぱいの贈り物読み聞かせもありますよ!^^

可愛らしいピンクの布地に金糸の刺繍が施された絵本。実は、手にして読めるこの絵本は今ある在庫が完売し第、今後は電子書籍になるということです。

卒乳した日が記入できるようにもなっています^^ぜひ、今授乳中の方はこれからの記念に。これからご出産の方も、気持ちの準備ができるはずです。

また、ご出産祝いにもぜひ、おススメです!

今回のライブ中継講演会は、平塚駅南口から徒歩10分ほどの所にあるランチ&ダイニング「ぶどう畑の散歩道」さんのお二階スペースを使って開催します!身体に優しい、おむつ替えスペースもあって赤ちゃんお子さん連れで行ける、とても落ち着くお店です♪

 

当日は、講演開始前に私も沢山のおっぱいをケアさせてもらって教えてもらったことなどをみんなでお話しながらシェアさせていただきたいと思います^^

何より、小森先生のパンチの利いた、おっぱいや育児のこと、発想の転換につながる、これからの育児どんとこい!と感じられるようなお話、ぜひ聴いてもらいたいです~!!

 


とっても前置きが長くなりましたが、イベントのご案内をさせていただきます^^

土曜日の午後♪パパもぜひ、ご参加いただけたら嬉しいです^^

 

【日時】

11月23日(土)14:00~16:30

(14:00~おっぱいについて語り合い、15:00~16:30小森先生・ながもとみちさんライブ中継で講演会)


【場所】

ぶどう畑の散歩道

平塚市松風町9-12(駐車スペース・コインパーキング有)

JR平塚駅南口から徒歩13分。高浜台公園前の交差点のすぐ近くです。

 

【当日の流れ】

<14:00~15:00>

沢山のおっぱいケアを通して教えてもらったおっぱいについてお話しながら、日頃のおっぱいの疑問や悩みについて、卒乳について話し合いましょう!

お店のオーナーによる19年前?!の授乳体験もお話いただけるみたいです!^^

<15:00~16:30>

沖縄よりライブ中継で小森助産院:小森香織先生・絵本セラピストながもとみちさんによる絵本講演会

・絵本ができるまでの道のり・小森先生のおっぱいや卒乳についての想い

・沖縄ではこんな風に絵本が使われている!

・絵本セラピストながもとみちさんによる赤ちゃんにおすすめの絵本の紹介、絵本おっぱいの贈り物読み聞かせ

などなど

 

【参加費】

3,500円(絵本「おっぱいの贈り物」1冊(2200円)付き)

 

【定員】

親子20名様

定員に達し次第受付終了します
 

 

<お申込み方法>

HPのご予約フォームの必須事項ご記入をお願いいたします。

お電話でのお申込みも受け付けております。ご不明な点はぜひ、お問い合わせください。

*お車でお越しの場合は申し込み時にご連絡ください。

 

ご参加お待ちしています♪

 

ご予約フォームはこちらから

会場:ぶどう畑の散歩道についてはこちら

おっぱいの贈り物 著者紹介

小森香織助産師

助産師。沖縄県宜野湾市にある、こもり助産院院長。沖縄におけるおっぱいケアの第一人者で、卒乳や離乳食の指導に20年。カリスマ助産師として多くの母親達から圧倒的な支持を持つ。


こもり助産院についてはこちら

ながもとみち

作家。絵本作家。沖縄県読谷村にある絵本出版社「絵本スタジオアコークロー」代表。

「旅と絵本と幸せ」をテーマに、『ていねいに旅する沖縄の島時間』をはじめ、著書8冊(うち絵本2冊)。

ラジオ出演のほか、絵本セラピーをはじめとした絵本講座も人気。


絵本スタジオアコークローについてはこちら(おっぱいの贈り物についての講演の一部がアップされたYouTubeも必見です!!)