助産院LunaLuna:母乳外来

母乳外来・妊娠育児相談は助産院LunaLunaへ (平塚・茅ヶ崎・大磯・伊勢原)

12月12日ベビーマッサージ教室レポ

12日は久々にベビーマッサージ教室を開催しました。ベビーマッサージは、スキンシップ、赤ちゃんのスキンケア、免疫向上、リラックス、などいいこといっぱいですが

赤ちゃんの時期にベビーマッサージを行うことがのちに、我が子の人生にも関わってくるお話をさせていただいてます。


最近のベビーマッサージでは、バーストラウマのお話をしています。

心理カウンセリング療法で退行催眠という療法があります。

すべての認知は体験から学習しています。今認識しているものは過去の体験がもとになっているので、人間関係などでどうしてそういう考え方をしているのかは胎児の時や赤ちゃんの時までさかのぼると分かってくるといわれています。

実は昨日、胎内記憶の第一人者である池川明先生のお話を聴く機会があったのですが、出産後の夜間や沐浴でちょっと母の元を離れて預けられた赤ちゃんは「親は私の事を捨てた」という認識があるようです。もちろん、すべての赤ちゃんではないですが、大人側から大したことでないと思っても、赤ちゃんにとって「急に」何かされた経験は、思わぬ所でネガティブに潜んでいるようです。

それがのちに親や他人・自分自身を信用できない、などこじらせることにつながるとも言われています。


大人になってから心理療法で癒すのは大変なことですが、生まれたすぐから、ベビーマッサージを行うことでお腹の中にいた時の体験、生まれた後の入院中の体験などは癒すことができます。大げさに思われるかもしれませんが、親子で生じるすれ違いは、ちょっとの時間集中してスキンシップをとることで埋めることができるんですね。ベビーマッサージで赤ちゃんの五感も刺激されるけれど、お母さんの五感も更に研ぎ澄まされていくのではないかと思います^^赤ちゃんのちょっとした変化に気づくことができるようになると思います。

また、ベビーマッサージでは赤ちゃんの身体を良く動かすので、首据わりや寝返り、腹ばいによる上半身の強化を助けてくれます。


大事なことは、赤ちゃんに「お伺いをたてること」

いきなり何かをされることは赤ちゃんも1人の人間なのでびっくりします。色々な場面で赤ちゃんにその都度声をかけて、動くのが良いそうです。

ベビーマッサージが終わった後はお茶をしながら、体重測定や寝像アートの撮影を行いました☆今回はクリスマスバージョンです♪


寝像アートを撮ったりしながら、日々の疑問も聞かせていただいてます。少人数で日頃思うことなど共有していってもらえたらと思います。

ベビーマッサージで使用するセサミオイルは、お家でも使えるようにお持ち帰りいただいてます^^

次回はまた日にちが決まりましたら、お知らせさせていただきます。リピーターさんのご参加もぜひ、お待ちしています♪


参加者専用ページはこちらをクリック